NTTコム、企業向けのTwitter/Facebookクライアント「CoTweet」日本語版を販売開始 – ニュース:ITpro

複数のTwitterアカウントやFacebookページを、複数の担当者が共用アカウントとして利用するための一元管理機能を搭載。顧客とのやりとりの履歴は無制限に保存可能で、対応メモをチーム内で共有する機能も備えている。Twitterアカウントのフォロワー数やFacebookページのファン数などを基にした「影響力」と送受信メッセージ数を基にした「活動量」という2つの軸からマーケティング活動などの成果を測定し、レポートを作成する機能も装備している。

引用元: NTTコム、企業向けのTwitter/Facebookクライアント「CoTweet」日本語版を販売開始 – ニュース:ITpro.

今日のワールドビジネスサテライトで紹介されていた。CoTweet自体はだいぶ前にChromeウェブストア上で見つけて試していたのだが、Twitter専用のサービスだと勝手に勘違いしていた。Twitterだけでなく、Facebook、FacebookPagesにも対応していたのだな。

アカウントの共有やそれに対応のアサインとメモ。コミュニケーションの履歴情報の永久保存など、魅力的な機能が多い。

CoTweetで利用する「Twitterアカウント数」と「Facebookページ数」および「CoTweetを利用するスタッフ数」の合計値である「クレジット」を単位とした月額課金方式を採用する。「CoTweet エンタープライズ版 Flex 5」(5クレジット版)が月額6万3000円、「同Flex 15」(15クレジット版)が月額15万7500円となっている。最低契約期間は6カ月。初期導入支援サービスも別途26万2500円から提供する。

高額に見えるが、企業内利用でこの対応をする人員はそう山ほどいるわけではなく、ソーシャルマーケティングというかケアというか、この辺はどんどん重要になっていくだろうから、決して高くはない。

そして、この金額を見てしまうと、HootSuiteのプロ版はとても安くみえる。まあ、それぞれの機能と価格を細かくみたわけではないのだが。

広告

投稿者: 矢野 貴明

株式会社co-meeting Co-Founder/COO. Hypertext, Messaing, Wiki, Social & Private network, etc...

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中