寡占状態が生み出す並行世界が実現する理想的なネット社会

昨日紹介されて、閉じた話だけで終わるのは勿体ないと感じたのでこちらにも転記。既存のWebをインフラとしたエコシステムが終焉を迎えつつあり、各サービスの意志に依存したエコシステムが、それぞれ異なる世界や市場を作り出すようになってきているという話。

もう少し砕くと、インターネットをインフラとしたWebサービスが産業としての成熟期にさしかかり、一部企業による寡占状況に突入するであろうということ。そして、APIとiPhoneアプリの台頭により、Webサイトそのものから後者のようにセミ・クローズドなアプリにパワーシフトが始まっているというような趣意のことが述べられています。

引用元: Niche Media Lab : ニッチメディアラボ: WIRED「The Web Is Dead.」: 「Webの死」短観.

ネットを扱った近未来系なSFは、みなそのコントロールされた部分まで含めてインフラになることで実現された世界だ。従来のWebが死んだわけでなくインフラの捉え方が一階層上位にシフトしてきている。一番近い位置にいるのがfacebookで、社会主義国である中国は、中国内部でそれを実現できる可能性を持っている。

昔のwebは情報の軸が情報そのものであったのにたいして、いまは人になり、それが入り交じることでより現実に近くなってきている。

映画で表現されていることの多くはいま起きている競争が一社の寡占状態になることを前提に描かれていて、そんなことは現実では不可能だと思っていたが、facebookをみていると、まんざら不可能でもないと思えてくるし、facebookを軸にさえすれば既に実現できることもある。

無理矢理寡占状態のインフラを利用することで未来のスタイルを実現し、新しい世界を見せてしまうと言うのもひとつの手段ではある。と、考えてしまう。

オープンであることが是であるとされたWebの理想主義からすれば、文学的な意味で「Webは死んだ」のかもしれません。Webの夢見る開拓時代は終わり、ウルフ氏が文中で引くInteractive Advertising Bureauのランドール・ローゼンバーグ氏言うところの「誇大妄想」的な起業家(地球規模のサービス提供みたいなことを言う者を指す?)による奮迅がWebをダメにしたという死亡通達ととれなくもありません。

引用元: Niche Media Lab : ニッチメディアラボ: WIRED「The Web Is Dead.」: 「Webの死」短観.

各サービスが生み出すエコシステムを、それぞれ並行世界と捉えれば、その中での理想状態をつくりだす、もしくは作り出したくなると考えるのは自然なことかもしれないし、そうでもしないと実現できないことも多々ある。

Appleがアピールするライフスタイル。すべてのデバイスで同一の体験を実現しようとするFacebook。すべての情報を整理整頓しようとするGoogle。それぞれが理想を持ち、それに突き進んでいる。

商売や市場としての側面がクローズアップされがちだが、利用する側からしてみれば、それらが生み出す世界の方が重要で、誰がどう儲けるというのは大して問題ではない。ただ、それらに浸かる人が多いほど、商売は勝手についてきているわけだから、巨大な並行世界を作り上げることができる企業が勝者となるのも、また真。

また、自分たちがそのすべてを作り出せないのであれば、もっとも理想に近い世界に乗っかるというのは、商売としてもそうだが、自分の想いをのせる意味でも考えても良いことのような気もする。

ソーシャルリクルーティングにおけるLinkedInの5つの特徴 :コラム:ソーシャル時代の「新しい採用」のあり方:VentureNow(ベンチャーナウ)

 LinkedInは世界で1億人以上が登録するSNSである。2011年1月時点で「2010 Fortune 500」にランクされている企業の経営幹部の1人以上がLinkedInに登録している。また、LinkedIn上に「企業ページ」を持つ企業は200万社を超えるという。

5月25日にはデジタルガレージとの提携を正式に決め、年内までに日本語化をローンチさせると発表した。

引用元: ソーシャルリクルーティングにおけるLinkedInの5つの特徴 :コラム:ソーシャル時代の「新しい採用」のあり方:VentureNow(ベンチャーナウ).

年内には日本語版が登場するのか。すでにちょっとずつ試しているのだが。LinkedInに記載する情報は基本英語を中心にしてきた。逆に、それがあまりLinkedInを利用していない理由でもあるのだが。。。

Facebookもそうだが、自分個人はあくまで一人で(当たり前だが)、Facebook上で二つのアカウントを作ることはできない。そうすると、日本語と英語が混在した情報になっていくのだが、その辺は今後どうなっていくのだろうとは思う。自動翻訳が中心になっていくのか、英語を中心に世の中が回っていくのか。

別に、自分の英語力がどうとかいうわけではないのだが、日本展開するということは、日本語での利用が自然と増えることを意味する。そうするとどうやっても日本語と英語が混在することになる。Facebookでは既に普通の光景なのだが、英語圏の人々からはどう映っているのだろうと考えることはある。Facebookの場合は友達・知人であることがほぼ前提になることと、プライベートでの利用を含むことも当たり前のことなので、その人物が関わる様々な言語が混ざることにとくに違和感はないのかもしれない。これが、ビジネス前提のLinkedInの場合はどうなるのだろう。

また、LinkedInのニュースやGroupが優れている事実を今日知った。今日知ったので本当に優れているのかを自分では実感していないので、その辺りはゆっくりと試してみたいと思う。

ソーシャルブラウザRockMeltがFacebookと提携して事実上の「Facebook公認ブラウザ」に

RockMelt 3には、新しい機能がいくつかある。まず、Facebookの友だちリストをブラウザの左端から右端へ移動できるようになった。友だちリストは、スクロールできる。また、友だちの顔写真だけでなく、フルネームも表示できる。

第二の新機能として、Facebookのノーティフィケーションやメッセージ、フレンドリクエストなど、Facebookの技術者たちが社内で”宝物”と呼んでいる機能が、RockMeltのUIに加わった。新しいノーティフィケーションやフレンドリクエスト、メッセージなどは視覚化され、ポップダウンウィンドウにより、多くの情報を見られる。

RockMeltは今では、Facebookの統一メッセージングシステムに統合化されている。だから相手がオンラインなら、自動的にチャットウィンドウが開く。オンラインでなければFacebookのメッセージへ戻る。

RockMeltは、ユーザが今Facebook.comにログインしていることを感知して、Facebookの重要機能の多くをブラウザ側で引き受ける。たとえばノーティフィケーションカウンタはRockMelt上にあるので、Facebook上からは消える。またFacebook.comで友だちがチャットしたいとき、チャットウィンドウはRockMeltのものに統一され、前のようにダブっては表示されない。

引用元:ソーシャルブラウザRockMeltがFacebookと提携して事実上の「Facebook公認ブラウザ」に

見事だなRockmelt。これで公認ブラウザとなったことで、Facebookを中心にPCを利用している人にとって、もはやRockmelt以外は必要ないわけだ。Facebookのユーザーは6億を超えているわけで、Facebook自身が「Facebookを最も有効に利用する環境(ブラウザ)はRockmeltだ」と言えば、それはそれは、利用者は伸びることだろう。昔のMSN専用IEを思い出すな。

日本のオンライン小売の巨人Rakutenがブラジルのeコマース企業Ikedaを買収

同社は最近、Baiduと提携して、中国のインターネットユーザのための‘B2B2C’型オンラインショッピングモールに5000万ドルを投資、またBuy.comを2億5000万ドルで買収、さらに、同じ金額でフランスのPriceMinisterの買収に乗り出している。

引用元: 日本のオンライン小売の巨人Rakutenがブラジルのeコマース企業Ikedaを買収.

楽天は世界戦略まっしぐらだ。どこまで行くか。勝者となりえるのだろうか

ソーシャル・ネットワークからソーシャル・サークルの時代へ?:Don’t be lame

そのような”全員と友達となり、全てを共有せよ”といった形のソーシャル・ネットワークから”特定のグループと仲良くなり、個別的に共有せよ”というソーシャル・サークルへと移行するのは、誰とでも仲良くなる小学校低学年から年齢が上がるにつれて、特定のグループの人と仲良くなるようなものだ。これまでのソーシャル・ネットワークは、そのような嗜好性を適切に選別することができていなかった。

ソーシャル・ネットワーク上の仮想の友人関係からよりリアルな友人関係を投影したグループが自動的に創り上げるのがソーシャル・サークル型のサービスであり、その意味でソーシャル・サークル上の友人はリアルな意味での友人と同義であり、そこでの情報交換はよりそれぞれの興味にあった、より親密なものになるだろう。

引用元: ソーシャル・ネットワークからソーシャル・サークルの時代へ?:Don’t be lame.

facebookにしてもmixiにしても、交友関係がすべて公開されてしまう。サービスによっては参加しているコミュニティ、グループ等も公開されてしまう(facebookの秘密のグループはそうではないのかな?)。自分もそうだが、TwitterでもFacebookでも、オンオフ入り混じったソーシャルグラフがそれぞれのサービス上で広がりつつある。自分の呟いていることやリンクは、その全ての人が見ることができる。

ソーシャルサークルという書き方がされていて、なんとなくそれらしい感じではあるが、ようするに自分の社内チーム内でのコミュニケーションや、趣味でつながったプライベートなグループやチーム内のコミュニケーションだったりとか、その内部でしか話せない、公開するわけにはいけない情報なんぞいくらでもあるわけだ。

従来でもそのためのコミュニケーションサービスやツールはいくらでもあったわけだが、Twitterやfacebookによってソーシャルグラフが整理されてきている中で、あらためて身近なコミュニケーションに立ち返ると、できることも可能性も変化してきたということなのだろう。