普通に便利な、普段使いの風呂敷のススメ

Googleの法人向けプライベートイベントのGoogle Enterprise Day 2011(GED)の来場者アンケートに答えたら、それに対する景品として綿風呂敷をいただきました。なかなかいいセンスしてます。綿風呂敷は日本らしい手土産というだけでなく、手ぬぐい等と比べると意外と実用性が高いと思っています。ただし、実際にGEDで風呂敷を手に入れた方々が、この風呂敷をどれだけ使っているのかは分かりませんが。

ということで、このブログで書いていることとは少々毛色が異なりますが、ちょっと風呂敷について紹介してみようかと。せっかくもらったのに使わないのではもったいないので、この記事を読んで風呂敷に興味を持った人は、是非使ってみてください。

普段使いができてエコな風呂敷

自分が風呂敷を普段使いし始めたのは、今から5,6年前だったと思います。恵比寿ガーデンプレイスの三越内に京都 掛札が出店していたのがきっかけ。そこで、それまで持っていた風呂敷のイメージとは異なる柄の風呂敷を多数見せてもらい、同時にその利用イメージの写真や多彩な包み方を教えてもらったわけです。いくつかHPに掲載されている写真を勝手に載せてしまおう。

ここに写っている包み方は、トートバックドロップバックだと思いますが、こんな用途に魅せられて、その場で即購入しました。実際に自分が最も多用したのはドロップバックで、この形で利用すると、外出時のちょっとしたバッグの代わりにもなりますし、買い物のときにはエコバックにもなります。もちろん、ただの風呂敷なので、ほどいて畳んでしまえばかさばらず、旅行に行くときに携帯するにもとても便利。次の写真のように、荷物を仕分けるのに利用してしまえば一石二鳥です。

昔であれば、大判の風呂敷で布団や座布団を包んで保管したり、手土産を包むのに風呂敷を利用したりと、様々な局面で風呂敷が使われていたと思いますが、現在日常生活で風呂敷を使う人を自分はあまり見たことがありません。でも、上記の写真のようなデザインだったり使われ方だったりを見ると、ちょっと風呂敷を使ってみたくならないですかね。ならないかな。でも自分はすごく使いたくなりましたし、実際に激しく使ったわけです。

風呂敷を使う上で重要な「結び方」
以前、会社の同僚の送別会でワインをプレゼントしたことがありました。その際に、ワインと合わせて風呂敷を購入し、ワインボトルを包んだ上でプレゼントしたことがあります。その風呂敷がその後使われたかどうかはやっぱり分からないのですが、風呂敷を購入した店で教えてもらった風呂敷や紐の結び方は、その後の日常生活でとても役に立ってます。それが下記の本結び。

真結び(本結び):http://www.kakefuda.co.jp/wrapping/wrapping_01.html#wrapping_01

弁当をハンカチとかで包む際に、結んでいる向きに対して結び目が縦になってしまうことがあると思うのですが、それは縦結びと言って誤った結び方です。縦結びにしてしまうと、ほどけやすくなってしまい危険です。この真結びは、風呂敷を利用する際だけでなく、日常生活で紐をほどけないように結んだり、ゴミ出しの際のごみ袋を閉じたりする際にとても役に立ちます。昔の日本人にとっては常識だったのでしょうが、自分は知りませんでした。

真結びは両側から引っ張る力にはとても強く、引っ張れば引っ張るほど強く結ばれます。にもかかわらず、結び目を解くのはちょっとした工夫で簡単にほどけるようになっているのが驚きでした。昔の人は、紐を必要な長さに切って、余りを捨てるのではなく、真結びを使って結んだりほどいたりしながら再利用していたそうです。なんて賢い。

京都 掛札のサイトだけでなく、色々な風呂敷のサイトで用途に応じた包み方が乗っていますが、基本はこの真結びで、これさえ覚えておけばまあ、包み方を見ながらなんでも包めるでしょう。

個人的に好きな「モノ」への愛着とこだわり

最後に、京都 掛札のサイトから風呂敷の文化に関する抜粋をご紹介。

せっかく苦労して織り上げた布も、いったん切って袋に縫ってしまうと、それはもう袋としてしか使えなくなるのでもったいない。そのままの形で使うと、応用しだいで物を包んだり何かに掛けたり敷物にしたりできる。いま流行り(笑)の「もったいない」の精神から、一枚の布を臨機応変に使うという発想が生まれたのです。まさに風呂敷の使い方ですね。農耕民族が立体よりも平面の文化を発達させたのは、こういった理由から来たのかも知れません。
引用元: 風呂敷について|風呂敷いろいろ 京都 掛札.

価格を見てもらうと分かると思うのですが、風呂敷はそれなりに高価です。それは、手織りの生地に手染めだったりするからだと思います。掛札で販売されている木綿風呂敷は、布は既製綿で、染めが手染めといったところでしょうか(未確認)。

高価とは言っても、普段使いのバッグを買うと思えば安いですし、その他複数の用途で使える先人から受け継がれた工夫と文化、そして、そう使ってほしいという現代の作り手の想いもあります。

自分はそういった“うんちく”や“こだわり”が大好きで、自分が使いたいと思うだけでなく、応援したいとも思ってしまったりもします。

この週末、第一子の出産に伴って病院に泊まり込むに当たって、着替えや、普段使いのバックに入らない小物を入れたりするのにGEDで頂いたGoogleの風呂敷を使ってみて、改めて風呂敷の便利さを再認識したわけです。

ただ、このGoogleの風呂敷はエコバッグやドロップバッグとして使うにはちょっと小さめです。この記事で紹介している写真のような用途で使う場合は三幅(105cm x 105cm)位の大きさの風呂敷を使うとちょうど良いので、機会があれば試してみてください。

個人的には、風呂敷が流行って、スーパーやデパートのオリジナルエコバックではなく、オリジナル風呂敷とかを販売してくれた方が、その後の使い回しが効いて嬉しいなとか思います。

来ないかな。そんな未来は。

広告

投稿者: 矢野 貴明

株式会社co-meeting Co-Founder/COO. Hypertext, Messaing, Wiki, Social & Private network, etc...

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中