米国のクラウド/ソーシャルネットワーキングの「究極のパワーユーザー」事例を読んで感じたこと

CIO Onlineで今朝公開されていた記事です。

正式な本社を持たずITスタッフもいない米国ガーネット・コンサルティングの30人の常勤コンサルタントは、まさにこの業界におけるクラウド/ソーシャル・ネットワーキングの究極のパワー・ユーザーと言えよう。

引用元: オフィスレス時代の先陣を切るガーネット・コンサルティング – 業務プロセス改革 – STRATEGY – CIO Online.

究極のパワーユーザーとあります。

情報共有やコミュニケーションにYammer。提案活動や作業状況等の情報共有や実業務の推進にSalesforce.com。リクルート活動にJobsience(これは知らなかった)やLinkedInを利用し、Google Appsを利用することでドキュメントの作成/共有も網羅しています。

すべての業務をクラウド上のサービスを利用し、有償利用しているため、利用料は相応の額になっていると思いますが、利用人数が30名ですから、記事内にもあるように、同種のシステムをサーバーを上に構築して運用する費用を考えたら遥かに安価で構築できているのも事実でしょう。

この事例は、これらのサービスをフル活用しているという意味ではとても興味深く、国内でオフィスレスも含めて実施できている企業もそれほどないような気もしています(あったらすみません)。ただ、この記事を読んで自社での実現が不可能だとは思わないでしょうし、この記事に近い働き方をしている企業もあるのではないですかね。

個人的には、米国でのオフィスレス+各種サービスの「究極の」利用事例として30名規模の企業の事例が記事になっていることにちょっと安心しました。一歩二歩は遅れているかもしれませんが、果てしなく遠い差ではない。そして、これらを実現しているのがクラウドサービスですから、国内の企業であれ「やる」と決めてしまえば、即実施要素も多いのではないかな。と。これが、数千人、数万人の規模で実現されていたらビビりますけど。

オンプレミスのパッケージ導入が中心の時代においては、米国での事例を国内で実施するためのタイムラグは大きかったのでしょうが、現在は導入のための技術的な障壁はクラウドの力によって大分小さくなっている。やろうと思えばすぐに出来るわけですよね。

国内での同種の利用事例がどのタイミングで出てくるのか、今後の興味はそんなところです。

広告

投稿者: 矢野 貴明

株式会社co-meeting Co-Founder/COO. Hypertext, Messaing, Wiki, Social & Private network, etc...

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中