「BlackBerry」向け「Gmail」アプリのサポート終了と書かれると、なんかイメージ悪い

 Googleは11月22日以降、インストール版、プレインストール版を含め、「BlackBerry」向け「Gmail」アプリのエンドユーザーサポートを提供しないことを決めた。さらに同日以降は同アプリのダウンロードもできなくなる。BlackBerryユーザーは、ウェブブラウザでモバイル用ページにアクセスすることで引き続きGmailを利用できる。

インストール済みのデバイスからGmail用アプリが消えてなくなるという話ではないが、BlackBerryを所有していて何らかの問題があるという人は、今のうちに問い合わせて回答をもらっておいたほうがいいだろう。

引用元: 「BlackBerry」向け「Gmail」アプリ、サポート終了へ – CNET Japan.

心配してくれる人も何人かいるのと、なんかGmailがBlackberry見捨てたてきな感じなのですが、全く問題ありません。単純に、それほど使われていないからサポート終了するんじゃないかと思います。真相はわかりませんが。

Blackberryはマルチアカウントのプッシュメールが最大の魅力だと思っています。私は、ほとんどそのためだけにBlackberryを選択し、現在でもGmailのアカウントを4つ、Hotmailを1つ、iモードメール(spモード)を1つと、合計6アカウントを登録し、そのすべてがプッシュ通知されるようになっています。メールは全文が端末に送信される訳ではなく、分割されて送られるため、長文のメールでもストレスを感じる事無く開くことができます。

一方、Gmailアプリは自動更新はしてくれますが定期更新のため、取得までにタイムラグがあるだけでなく、一覧表示をしてから本文を開くタイミングで本文取得のための通信が発声します。設定でその取得まで含めてバックグラウンドで実行するようには出来るのですが、そうすると今度はBlackberry自体が重くなってしまうという悪循環。

という事もあり、私はGmailアプリはほとんど使った事がありません。ただ、メールの検索機能が優れていたため、過去のメールを検索するためのツールとして入れていた事もあるのですが、アプリケーションメモリの節約のために結局アンインストールしてしまいました。私は、Gmailアプリを利用しなければGmailを満足に利用出来る環境に無い人のためのものだと思っていました。

ですので、Blackberryユーザーに対してGmailアプリを提供する必要がないと判断してサポート終了を決めたのでしょうが、それはBlackberryのシェア低下に伴うものではなく、単純にBlackberryユーザーにGmailアプリがそれほど必要とされていないと判断したのではないかと思ってしまいます。実際、どれだけ使われていたんでしょうね。

個人的には、Google+アプリをさっさと提供して欲しいと思っています。

広告

動画:BlackBerry Bold 9900 実機ギャラリー

http://www.viddler.com/simple/aed05a9d/

引用元: 動画:BlackBerry Bold 9900 実機ギャラリー.

動画ギャラリーもあった。マルチタッチやバーコードリーダーにも対応しているようだ。既存のBlackberryの良い部分を踏襲した上で、現在主流になりつつある各種スマートフォンの機能を吸収してきていると思う。

BlackBerry Bold 9900 / 9930 発表、タッチスクリーン & QWERTYキー搭載

RIMがBlackBerryの新作 BlackBerry Bold 9900 / 9930 を発表しました。いつものBlackBerryらしいフォルムを踏襲しつつ、ディスプレイがタッチパネルになっているのが一番の特長です。そのディスプレイは2.8型で640 x 480解像度。中身も流石に気合が入っており、1.2GHz SnapDragonプロセッサ、768MB RAM、8GBフラッシュメモリ、フラッシュ & AF付きでHD動画撮影対応の5メガピクセルカメラ、microSDスロット、Bluetooth 2.1、802.11a/b/g/n WiFi、microUSB端子、電子コンパス、加速度センサ、近接センサ、さらにNFCもついてます。

引用元: BlackBerry Bold 9900 / 9930 発表、タッチスクリーン & QWERTYキー搭載

個人的にはこれが現時点での本命。今自分が利用しているのがBlackberry Bold 9000で、この端末の2世代もしくは3世代前の端末に当たる。iPhoneであれば、初代を使っているようなものなわけだ。今年の夏に発売予定なので、日本にいつ来るのか、もしくは来ない可能性もあるのかわからないが、使えるものならば使いたい。海外で販売が開始されれば、あれこれ情報も入ってくると思うので、どんなものなのかはわかるだろう。

チリ大地震で「BlackBerry」が大活躍の理由――「BlackBerry Messenger」が唯一の通信手段 : 企業クライアント戦略 – Computerworld.jp

“BBMはRIM固有のBlackBerryサーバを利用し、BlackBerryユーザー間の「PIN」メッセージをやり取りしている。従来の携帯電話インフラストラクチャを迂回しているため、ほかの携帯電話コミュニケーションが一切使用できない状況下でも、BBMだけは利用できるのだ。

実際、BlackBerryには“実績”がある。2001年9月11日に起こった米国中枢同時多発テロ直後も、携帯電話サービスは全滅だったが、BlackBerryは人々が現場で連絡を取り合うのに唯一確実な方法として大いに活躍した。”

引用元: チリ大地震で「BlackBerry」が大活躍の理由――「BlackBerry Messenger」が唯一の通信手段 : 企業クライアント戦略 – Computerworld.jp.

しかし日本では、Blackberry Messengerを試す相手はそうそういない。

BlackBerry PlayBookは4月19日発売で価格499ドルから – BlackBerry な毎日

“RIMから、BlackBerry PlayBookの発売日が4月19日で価格は499ドルからとの発表がありました。

現在RIMのトップページは、PlayBook一色です。”

引用元: BlackBerry PlayBookは4月19日発売で価格499ドルから – BlackBerry な毎日.

Playbookが日本で販売されることはあるのだろうか。発表を聞いてから販売までにだいぶ時間がかかった印象があるが、Blackberryユーザーにうれしい機能も多々あるんじゃないかとも考え、欲しくなる。

その前に自分は近々日本でも発売されそうなBlackberry Bold 9780がほしいのだが。。。

私がBlackberry Bold 9000を1年以上使い続けている理由

■私がBlackberry Boldを使い続けている理由
時は2011年3月。気づくとスマートフォンという言葉はすっかり認知され、すべてのキャリアからAndroid端末を中心に販売されている。iPhone4が販売されてからも半年 以上たち、Xperia ArcMediusなど、魅力的な端末が販売され始めている。

私の身近な人間からすると、これだけ魅力的な端末が多数販売されている中で、未だにBlackberryを自分が利用していることを不思議に思っている人も多いと思う。逆に、私がBlackberry Boldを利用していることを「矢野らしい」と思っている人もやはり多い。でも、この状況での「矢野らしい」は、ただのマイノリティが好きな人間だと思われてしまいそうなので、その誤解は解いておきたい。

私がBlackberry Boldを利用しているのは、他の端末よりも優れていると私が感じているからであって、「みんながiPhoneを使っているから使いたくない」といったアンチテーゼによるものではない。実際、Blackberry Boldを購入して1年半以上経つが、次回購入時もBlackberry端末を選択するつもりだ。と、はっきり書いておく。2011年4月17日現在の結論とはしておきたいし、Blackberryを提供しているRIM社が買収されたりしたら状況は変わるかもしれないが。。。

改めて言っておく。私がBlackberryを利用しているのは、自分のワークスタイルに最も適した端末だからだ。決して頑なにメジャー端末を避けているからではない。

“私がBlackberry Bold 9000を1年以上使い続けている理由”の続きを読む