ChromeOSで快速なノートPCライフを実現(したい)

会社支給のノートPCがあまりにも重くなってきたので、まるごと再セットアップしようと思っていたところで、ChromrOSの存在を思い出した。発端はChromrbookの記事を見たことで、電源が長く持ち、起動が早く、何より軽いのであれば、その他の機能はさておき役割は果たしてくれるんじゃないかと思ったわけだ。

しかし、Chromrbookはまだ日本で発売されるわけでもなく、発売されたとしても行きなり投資できるわけでもない。やっぱり再セットアップするかと考えていたら、ChromeOSがOSSであることをさらに思い出した。

そこで見つけたのがこの記事。

「Google Chrome OSだけで仕事できる?」最新版を古いノートPCで動かしてみる – ガジェット通信

現在、ChromeOSはUSBブート、VMware、VirtulBoxのイメージがあっちこっちで提供されていて、素直に上記サイトのリンク先のイメージを試した。自分はノートを復活させたかったのでUSBブートを選択。インストール方法については触れないが、上記記事に沿って実施したら、大して難しくなかった。

ログインにはGoogleのアカウントが必要だが、基本Chrome(ブラウザ)と同機能を持っているため、Chromeで設定していたアカウントの同期もすべて動く。インストール直後にChromeで登録していたアプリケーションやブックマークがすべて同期され、すぐに使える環境が整った。環境によってはネットワークの設定がうまくいかなかったりと、いろいろあるらしいが、自分の環境ではとくにてまもなく動いてしまった。

現在の仕事の大半はブラウザを利用しているもので、それ以外ではMS-Officeによる資料作成が中心になるのだが、Officeを使う作業以外はすべてこの環境で事足りてしまいそうだ。USBブートのためなのか、安価で購入したUSBメモリの性能の問題なのか、思ったよりも重いイメージがあるが、それでももとのWindowsXPに比べたら圧倒的に早い。Chromebookの利用イメージを想像しながら試してみて、本当に仕事をこれである程度網羅出来るのであれば、USBではなく、HDDにインストールして、快速なノートPCライフを手に入れられたらいいなと、密かにほくそ笑んでいる。

HDDにインストールする方法も下記のサイトに記載されていたので、いずれ試してみたい。

Google Chrome OS 開発版をハードディスクに導入する方法

 

 

 

広告

投稿者: 矢野 貴明

株式会社co-meeting Co-Founder/COO. Hypertext, Messaing, Wiki, Social & Private network, etc...

“ChromeOSで快速なノートPCライフを実現(したい)” への 5 件のフィードバック

  1. うーむ。Epsonのネットブック「Endeavor Na01 mini」では、Wifiがうまく動かないな。なかなか難しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中